セックスをするという関係は共通していますが

逆援助交際とセックスフレンドは、似たようなイメージを持つ人が多いです。
確かにどちらも、セックスをするという関係は共通していますが、実際はこの両者には大きな違いがあります。

セフレの場合は、基本的に金銭のやり取りは発生せず、お互い対等の立場でセックスを楽しむことになります。
しかし逆援助交際の場合は、女性が男性に金銭の援助をすることになるので、女性の方が上の立場となります。

したがって、セフレではお互いが自分のやりたいエッチを希望することができますが、逆援助交際では女性の方が一方的にお願いすることになり。男性はひたすらそれに応じてあげなければなりません。
その代わりに、それ相応の報酬を女性から受け取ることができるわけです。

どちらが言いかは一概には言えませんが、男性からすれば逆援助交際の方が魅力に感じるかもしれません。
たとえ自分のやりたいセックスはできなくても、女性からお金をもらってエッチができるわけですから、デメリットよりもメリットの方が遥かに大きいと言えます。

逆援助交際では女性に尽くすことに徹する

逆援助交際は、確かに男性からすればとても魅力的な存在です。
女性とセックスができるだけでなく、お金までもらうことができるわけですし、これ以上ない最高の関係を結ぶことができます。

ただ、あくまでも逆援助交際というのは、女性が男性を援助して、その対価としてセックスを提供してもらうわけです。
そのため、女性から何かお願いをされれば、よっぽど無理な内容でない限りは、それに応えてあげないといけません。

セフレのような関係であれば、自分もやりたいセックスができたり、ある程度こちらの希望を聞いてもらうこともできます。
しかし逆援助交際では、女性に尽くすことに徹しなければなりませんし、こちらがやりたいと思ったことは全て封印しなければなりません。

それを考えると、確かに逆援助交際は魅力的ではありますが、何1つとしてデメリットがないかと言うと、決してそうではないのです。
自分がやりたいセックスを我慢するというのは、思っている以上に大変なことでもありますし、それ相応の精神力が求められるでしょう。